オーロラ見えるといいな!5日目(ホワイトホース/30分で・・・)

2013年12月30日(日)(現地日時)
ティムホートンで食事をした後は、ホワイトホースの市内で買い物をしました。
父親は、カナダに来た記念にとTシャツを買っていました。
息子は、相変わらずキーホルダーを物色していました。
ユーコン州は、州税がないので他の地域よりはお得にショッピングが出来ます。
とは、言ってもカナダは物価が高いですね。

外は、まだ雪が降っていました。
時間は、夕方の4時頃。
日本の冬もそうだけど、あたりは暗くなってきてます。
026_convert_20140413225656.jpg

30分後の4時半頃。
027_convert_20140413225753.jpg
もう真っ暗です。
正面の建物は、昔の駅舎です。
この写真、何か好きなんです。

もう少し、買い物をしたかったけれど、4時半になったので集合場所へ戻りました。
スポンサーサイト

オーロラ見えるといいな!5日目(ホワイトホース市内観光/ユーコン川)

2013年12月30日(月)(現地日時)
次に行ったのは、ユーコン川の散策路。

020_convert_20140410213834.jpg
例年は、ぐるっと2kmぐらい歩くことが出来るのだけど、今年は不幸なのか?ラッキーなのか?この雪でちょっとだけ歩くことになりました。

ローズヒップも雪に埋もれてます。

016_convert_20140410213402.jpg

松ぼっくりも。

015_convert_20140410213300.jpg

ユーコン川。1月になると川も氷結するそうです。
膝まで雪が積もっていて、歩くの大変でした。

021_convert_20140410213743.jpg

今日は、小雪が降っていて残念
天気がよければ、もっと景色が良かったかもしれません。

オーロラ見えるといいな!5日目(ホワイトホース市内観光/クロンダイク号)

2013年12月30日(月)(現地日時)
今日は、市内観光(OPツアーで)をしました。

まず、クロンダイク号を見に行きました。
きっと、自分たちだけで行っていたら、この蒸気船の役割も知らず、ここに来たという証拠の写真だけになっていると思う。
昔、ドーソンシティで金の採掘をしていた時にホワイトホースからこの蒸気船に乗って行きました。
でも蒸気船に乗っていけるのは、お金持ちのひとだけですが。
などなど、ガイドさんが色々説明をしてくれました。

正面から
010_convert_20140404222315.jpg

正面からの写真だと大きさが、分かりにくいけれど後ろに回わったところでも写真を撮ったので
009_convert_20140404222226.jpg

ズームアウトしてみると
008_convert_20140404222121.jpg

1階が、倉庫で、2、3階が、客室というか人が休む部屋になります。
007_convert_20140404222028.jpg

このあと、ハプニングが
「デジカメない。落とした
ガイドさんの直ぐ後ろを私が歩いて、その後ろを息子、父が歩いているから、落としていたら気づくはず
歩いてきた雪道を戻って行ったけど、見当たりません。
雪道だから埋もれてしまったのかも
かばんの中、コートのポケットを探したけれどありません。
撮った写真は、昨日、パソコンに取り込んだので最悪の事態は逃れてますが。
ショックだけれど、ないものは仕方が無いので車に戻りました。
「もう一度よく調べて」とガイドさんに言われて・・・・・。
「あったーーーーー
どこかと言うと、手首にぶら下がっていました。
デジカメのストラップに手を通していたので、そのまま防寒具の袖に入って隠れていました。
あー良かった。お騒がせしました。

オーロラ見えるといいな!2日目(バンクーバー/キャピラノ吊橋)

2013年12月27日(金)(現地日時)
市バスは、車内アナウンスが無いと口コミに書いてあり不安でしたが、実際にはアナウンスはありました。
しかも、乗客はほとんど、「キャピラノ吊橋」に行く様子でした。
実際、ほとんどのお客さんが下車しました。
そのため、チケットを購入するのに結構並びました。

Adult (18-64)$31.95
Senior (65+) $29.95
Child (6-12) $12.00
注:値段は2013年12月27日現在のものです。

入り口を入るとすぐ、園内マップがありました。(もちろん日本語も

カナダ

トーテム・ポールの前で一枚。

カナダ

全長140M、高さ約70Mの吊り橋。
雨が上がった後で、霧が出でていて幻想的でした。
かなり揺れるので怖いです。
というか、揺れ方が尋常でなくて気持ちが悪くなりました。
渡りきったあとも、なんかフワフワしていました。

カナダ

カナダ

岩にワイヤーで吊り下げて(矢印)あるだけで、かなり恐怖。

カナダ

息子と一緒に記念写真。

夕方からは、ライトアップされキレイでした。
私たちが帰る5時半頃にも、続々とお客さんが入ってきて、入場料が高いと言われているけど人気スポットなんだなぁと思いました。
お土産も定番のメープルシロップ、クッキー、キーホルダー、絵葉書、衣服など沢山ありました。
帰りは、シャトルバスで帰りました。
シャトルバスは、毎時30分に、ダウンタウンへ行きます。(カナダプレイス、ハイアット、など)
30分弱で、ホテル前に到着しました。

オーロラ見えるといいな!2日目(バンクーバー/キャピラノ吊橋へ)

2013年12月27日(金)(現地時間)
ガスタウンから歩いてウォータフロントまで行き、「シーバス」に乗り、対岸のノースバンクーバへ渡ります。
「シーバス」も「スカイトレイン」と同じ会社なので「DAY PASS」が使用できます。
「シーバス」は、乗車口と降車口が左右で分かれています。

032.jpg

市民の足と言われているだけあって、観光船ではないので船内は殺風景です。
飛行機であまり寝ていない息子は、爆睡。
10分程で到着しました。

033.jpg

後ろは、「ロンズデール・キー」
時間の関係で、行きませんでした。
ふたりの目の前には、ダウンタウンの景色がこのように見えてます

034_convert_20140302175212.jpg

高層ビル群が良く取れた1枚。

いよいよ「市バス」に乗って、「キャピラノ吊橋」へ
もちろん「市バス」も「DAY PASS」で



236番の「グラスマウンテン」行きに乗りました。
バスのフロントには、自転車を載せるキャリアが付いていました。
実際、ダウンタウンで自転車を載せたバスを見ました。
プロフィール

ケーキはチーズケーキ

Author:ケーキはチーズケーキ
フルタイムで勤続25年目。
シングルマザーだけど、周りの人に助けられ働いています。
ご褒美に年1回の子どもとの旅行(国内・海外)を楽しみに働いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
Hallo! Willkommen!
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR